本文へスキップ

歯医者さんに通院する患者さんが人工義歯に至るまでの過程。

治療の段階

軽い虫歯

虫歯の治療からインプラント手術まで/軽い虫歯

歯磨きだけではなんともならないけど抜歯して人工義歯の使用を開始するまでもない、 治療をしてそのまま生えている自分の歯で有意義なランチタイムを楽しめるように 手を尽くしましょう、と診断されたら本格的な虫歯治療が開始されます。 虫歯になっている部分の歯を削って金属や樹脂で埋める、ごくありふれた治療です。 診察台の上で横たわりドリルで歯を削られるあれは一度でも味わったら生涯忘れる ことのできない恐怖体験となるので、わざわざこのサイトへ来るような人に対して 詳しく解説する必要もないでしょう。 歯医者で受ける治療で真っ先に想像されるのがこのシーンで、幼少の頃に白衣の先生に 口の中にドリルを入れられて歯を削られた人は、何度か夢の中で繰り返された光景で しょうしトラウマになってドリル恐怖症を煩う人もいるかもしれません。 ですが表面をほんのちょこっと削るだけなら痛みはなく、軽度の虫歯なら恐い思いは しても苦痛を感じるほどではないので安心してください。


表面だけなら麻酔無し

歯を削ると言っても表層部のエナメル質なら痛みを感じることはないので、麻酔を 使わずにそのまま治療を開始しても誰一人として困ることはないでしょう。 気分的には困りますと訴える臆病な患者さんはいるかもしれませんが、麻酔をしたって 感じる痛みに変化はないしその分余計な手間がかかるだけでしかありません。 本当に麻酔が必要になるのはもっと深く削る時、象牙質まで掘り進む場合で、そうで なければアーンして削り始めてもなんら問題はありませんしそれが最適な手順である のは今まで積み重ねてきた虫歯治療の実例や歯科医師の経験、患者に対するアンケート からもはっきりとデータとして残っています。 痛い思いをしたくなければ虫歯になったと察知したら早めに歯医者さんへ行くのが 最良の策で、我慢をして先延ばしにすればするほど治療も長引くし余計に痛い感覚を 味わうリスクも高まり、さらに手遅れでインプラント手術や入れ歯の使用までもを 考慮しなければならなくなってしまいます。


麻酔して削るケース

軽い虫歯で深刻な状況になる前に治療を開始できれば歯を削るのも少量で痛みの無い 部分だけで済ますことが出来るのですが、進行がそれなりに早くエナメル質の下の 象牙質まで虫歯に冒されてしまっていると、麻酔なしでは痛覚に訴える刺激を感じ ながら歯科医院の診察台の上で横たわり歯を削られることになるかもしれません。 必ずしも麻酔が必要となるわけではなく歯科医師の判断により使用するかどうかは 決定されますが、痛いのが苦手なら先生にその旨伝えておきましょう。 誰にでも苦手な感覚はありますし、苦手な食べ物があっても恥ずかしいことではなく それを内緒にすることで自分が辛い思いをするよりは素直に告白したほうが円滑に 治療も進み、お互いに満足のいく時間を過ごすことになるでしょう。 いい大人が痛いのは嫌だと言い出すのは気恥ずかしくて、なんてプライドはこの際 捨ててしまい、滞りなく虫歯を完治させることを最優先させるべきです。 痛みに耐え切れず涙目でのた打ち回る姿を晒すよりはそのほうがいいと思うのです。