本文へスキップ

歯医者さんに通院する患者さんが人工義歯に至るまでの過程。

インプラント手術

虫歯に侵された歯

虫歯の治療からインプラント手術まで/虫歯に侵された歯

虫歯の最終段階、侵攻が歯の根の部分まで進んで抜歯するしかない、という状況まで 追い込まれてしまった患者は慌てふためいて取り乱すでしょうが、そんな時に優秀な 歯科医師なら「インプラントがあるので心配いりませんよ」と患者を落ち着かせる 発言でその場の張り詰めた空気を元通り和らげてくれるでしょう。 ほとんどの人に対応可能なインプラントは歯が根っこから無くなったとしても、顎の 骨を支えにして埋め込むので全く問題ありません。 その部分の骨の厚みが不十分でない限りはどんなケースでもなんとかなりますし、 もし厚みが足りなければ骨に厚みを持たせるボーングラフト手術で対策すればよいので お年寄りにでも受け入れる希望がある、まさに救世主のようなものです。 入れ歯にするのは気が進まない、ブリッジでは支える歯も残ってないし不可能だ、 と途方に暮れる人達の最後の希望の光として夜空に輝く星のような存在なのです。


手術の回数

インプラント手術には1回法と2回法があり、その違いは字を見たままで1回の手術 で完了させるか2回手術を行うかの違いになります。 患者の口内の様子でどちらが良いか判断されますが、わりと良好でそのまま一気に 終わらせても大丈夫だろうと医師が確信を持てば1回法が選ばれるでしょう。 2回法では最初にインプラントを埋め込む手術をしてから数ヵ月後に、人工義歯を 取り付ける土台を接続する手術を行います。 インプラントが顎の骨にしっかり固定されるかどうか、この点に不安があるようなら 時間をかけて固定させる意味で一回目の手術後にしばらく時間を置いてから、次の ステップに進むというわけです。 出来れば短期間に終わらせたいでしょうが、危険を冒してまでスピードに拘っては いけませんし慎重に石橋を叩いて渡るくらいの気持ちで確実に自分の身体に馴染ませ、 万全で完璧で頼りがいのある土台を構築してもらいましょう。


治療費

インプラント手術最大の特徴は、ブリッジとは違い他の歯に全く負担を掛けずにその歯 が独立して力を支えることにあります。 ブリッジだと左右の歯が義歯の受ける力を支えるので、支えている歯はその分余計に 頑張らなくてはならず消耗が早まってしまうこともあります。 ですがインプラントは丈夫な顎の骨が支えていますので、周囲の元気な歯に負担を 掛けることなく自然の歯と同じような働きをしてくれます。 機能的にも審美的にも優秀なインプラントは治療費のことを考えなければとっても 頼りがいのある人口義歯なのですが、健康保険が適用されないので出費は少なくても 数万円から十数万円になってしまうのが今のところネックです。 治療を続けることを考えるとそれほど高額ではないのですが、健康保険の対象外という 説明を受けると金銭的な理由で悩んでしまう人が多いのも無理はありません。 全額自己負担だとなんとなく損をする気になってしまうでしょうが、支払う金額に 見合った働きも期待できるのであまり悩む必要はありません。